(エビングハウスの忘却曲線)

勉強が上手ではない生徒はときどき、
「そこは前にやった(覚えた)から大丈夫」などと言うのですが、
一度覚えて大丈夫なのであれば、テストではみんな100点です。

しかし実際は
一度覚えたことでも時間とともに
右図のように忘れていくことが知られています。

覚えたことでも忘れていってしまうのですが、
下記のように繰り返し覚えなおすことによって
記憶を定着させることができます。

反対に言うと、
記憶を定着させるには
(短期記憶を長期記憶に変えるには)
繰り返すこと以外に方法はありません。

※ 記憶にはすぐに忘れてしまう「短期記憶」と
なかなか忘れない「長期記憶」があります。

1回目を覚えてからあまり時間をおかずに覚えなおせば、
忘れている量(青の矢印の部分)は少なくてすみます。

しかし、1回目を覚えてから時間が空いてしまうと、
忘れている量が多くなります。

一度覚えたはずのことを覚えていないと実感することは苦痛を伴います。
だから、1回目を覚えてからあまり時間をおかずに
覚え直しに取り組むことが
苦痛を少なくする勉強のコツです。

当塾では覚えやすいように、
英単語・熟語、理科・社会の用語、国語文法・古文などの暗記項目は
授業中に解説しながらテキストにオレンジ色のペンで記入させます。

そして配布している暗記シートで覚えるように指導しています。

また、覚えることが苦手な生徒のために、
当塾では「INPUT講座」を設けています。
この講座では、「覚える→テスト→直し」を講師の指示のもと、
ひたすら繰り返します。