せっかく良い高校や大学に入学しても、
合格することがゴールだと思って受験勉強をしてきた人は
合格に満足して目標を見失い、あまり勉強しません。

これは日本中の進学校・名門大学で見られる光景です。

そして、進学校に通う高校生に
「クラスにそういう人いるでしょ?」と聞くと
ゆっくりうなずきます。

合格は山の頂にあるのではなく、
山の中腹にある通過点でしかありません。
そこで目標を見失うのは、
山の中で遭難してさまよっているようなものです。

合格者を受け入れる学校側からしても、
合格をゴールと考える生徒ではなく、
それをきっかけにさらに努力する人材の入学を希望していることを考えれば
そのことは明らかです。

当塾では
「志望校に合格することは、勉強の一部であって、全てではない」と考えています。

せっかく志望校に合格してから目標を見失ってほしくはありませんので
当塾では生徒たちには
「勉強の目的」=「合格すること」などと錯覚するような言い方はしません。