定期試験前、
勉強が上手な人は
覚えるべきことや理解すべきことを
ある程度、覚えたり理解してから
テスト課題(宿題)に取り組みます。
だからそれを短時間に終えることができ、
テスト直前にさらに復習をするなど対策の時間があります。

それに対して、
勉強が上手ではない人は、
覚えるべきこと理解すべきことは後回しにして
まずは課題を終わらせ、
その後で覚えたり、理解したりしようとします。
しかし、暗記と理解が不十分なため課題に取り組むので、
分からないところだらけ・・・
だから結局は教科書などを調べながらやるので
時間がかかります。

そして覚えるための時間・理解するための時間を確保できずに
暗記・理解が定着しないままテストに突入します。
当然、良い結果は得られません。

勉強が上手な人は
課題に取り組みながら、
できなかったところの直しを通して
暗記・理解を深めますが、
勉強が上手ではない人は
課題を通して暗記・理解を深めるのではなく、
ただ調べたことを写しているだけ・解答欄を埋めているだけなので、
脳に負荷をかけた「勉強」と言うより
手を動かしているだけの「作業」です。

大人からすると、
これは「片付け仕事」「やっつけ仕事」に映ります。

このような人は
テスト後の反省として
「次回はもっと早くからテスト課題に取り組む」などと言うのですが、
結局は覚えるべきこと・理解すべきことにしっかり取り組まないまま
次のテストを迎えれば、
同じことの繰り返しで、成長がありません。

「テスト課題をすること」が「テスト対策」だと考えている人がいます。
定期試験の全てが
テスト課題から出るのでしたら
それでいいのかもしれませんが、
実際はテスト課題以外からも出題されます。
だからテスト課題をするだけでは試験対策としては不十分です。
それ以外の勉強もしっかりしなくてはなりません。

当塾のある卒業生は
「学校の課題をやっているだけではダメなんだと
気付いてからさらに成績が上がった」と言っていました。

テスト勉強が上手な人になるための第一歩は、
まずテストへのアプローチ・考え方・意識を変えることです。