当塾では基本的に、
中学生は年に2回、小学生は年に1回
30分程度の保護者面談を行い、
勉強や進路のお話をします。

その中で、
「うちの子は勉強が嫌いだから・・・」
というお話をときどき聞きます。

勉強が好きな人だけ勉強をして、
勉強が嫌いだったら、勉強をしなくてもよい、という理屈は通用しませんので、
塾長が担当する授業では折に触れて生徒たちに
「好き・嫌いを勉強に持ち込まない!」と指導しています。

当塾では
勉強は「好き-嫌い」で判断できる事柄ではなく、
それとは別の次元に存在していると考えています。

同様に「面倒くさいも禁句」と授業中に話をします。

好きであろうとなかろうと、
面倒くさいことを面倒くさがらずに
コツコツできるような人格に育てるために勉強は存在しています。

面倒くさいことを面倒くさがってやらなかった生徒が
コツコツできるように成長する姿をこれまで何度も見てきました。
その度に勉強の意義を感じます。

また、子どもの前で、
「うちの子は勉強が嫌いだから・・・」と言った場合、
”勉強が嫌い”という原因の先にあるものは、
”勉強をしなくても仕方がない”という結果です。
それを子どもは感じ取ってしまいます。

さらに、このような言葉は、
”指導者が期待しないことによって学習者の成績が向上しない”という
「ゴーレム効果」につながります。
※ピグマリオン効果・ゴーレム効果についてはこちらの記事をお読みください。

「勉強嫌い」「面倒くさい」からは何も生まれることはありません。
どうぞ、ご家庭ではこのような言葉は『禁句』としてほしいと思います。