ある日、全ての授業が終わった22時過ぎに
女性講師とある小学生の話をしていました。

その生徒が昨年春に当塾に入った頃は
アルファベットを覚えるのが精一杯だったり、など
覚えるのが苦手でした。

しかし去年の途中から
急に覚えることができるようになって、
単語や文をすぐに覚えることが上手になった、
とのことでした。

算数でも
最初は計算がおぼつかなく、
理解力もいまいちでしたが、
いまでは計算や新出事項の内容理解にスピードがあり、
頼もしく勉強をしています。

このように、
ゴールデンエイジと言われる小学校高学年は
勉強が得意ではなかった人が
うまく伸びたりする時期です。

しかし、中学生になると部活などで体力が奪われ、
勉強がしっかりできないことがあります。

計算に自信がない人、
覚えることが苦手な人、
文章を読んだり、
物事との仕組みを理解するのが得意でない人は、
時間的・体力的余裕がある小学生のうちに手を打つことをおすすめします。