受験競争を避け、
推薦や専願で希望の私立高校に進学し、
指定校推薦などで希望の大学に進学したとしても
厳しい勉強をしてこなかった分、
大学生活の最後で国家試験や採用試験で苦労し
目指していた職に就けない人がいます。

このことからも
受験で合格することは勉強の一部で全てではなく、
勉強すべきときにはしっかり勉強した方が
将来の自分のためだと分かります。