不合格にも2種類あります。

1つは、合格できるかどうか分からないけど、
自分はこの高校に行きたい、だからチャレンジ受験をする、場合。
精一杯チャレンジしてだめだったとしても、
あとには満足感・充足感が残ります。

それに対して、もう1つは
自分は合格できそうだから大丈夫だと思って、
100%の力を出さなかった場合です。
これは辛いです。不合格を知ったとき、ショックを受けて顔が青くなります。

このような話を聞いて、
”自分だけは大丈夫”と他人事のように考えている受験生は、
悲しくて辛い思いをする可能性があります。