「-3」と答えるところを「3」と書き、
「あ、-(マイナス)を付けるのを忘れた」などと、
まるでちょこっと間違ったかのように言う人や、
「おしい!」などと言う人もいます。

しかし、これは決して”ちょっとした間違え”でも”おしい”わけでもありません。

なぜなら、正負の処理が正確にできるかどうかは数学の初歩だからです。

-の値(負の値)が出てくるところが、
小学校の算数と中学校の数学の違いです。

中2~中3で-(マイナス)を付け忘れることがしばしばあれば、
それは中学数学の入口が根本的に理解できていない、
もしくは絶対的な演習量が足りていない可能性があります。

なので、「-を付け忘れた」ことを軽くとらえていてはいけません。

中3入試前になって
せっかく難しい問題を解く道筋が分かっても
最後に正負の数で間違えたら目も当てられません。