数学の計算問題は、
問題のレベルが高くなり、複雑になればなるほど
途中の式が長くなります。

それを面倒くさがらずにきちんと書く人の正答率は高いのですが、
面倒くさがって途中を省く人・暗算で何とかしようとする人の正答率はぐっと下がります。

これは、日本全国の数学の先生・塾の先生が、
(たとえ1年目の新人であっても)知っていることです。

例えば、

という中1の四則計算の問題をきちんと解くと

と、長い式になりますが、
これを面倒くさがってチョコチョコっとメモで済まそうとか、
式を書かずに暗算で済まそうとする人は正解率が高くありません。

数学を教えていると、
数学は面倒くさいことでも面倒くさがらずにコツコツ出来る性格に育てるために存在するのだと感じることがあります。

そして、それができなかった人ができるようになり、成績がどんどん上がっていく姿を見るたびに
勉強することの意義を感じます。