志望校に合格することは、
次のための通過点で、ゴールではありません。

しかし、合格がゴールだと思って、
せっかく高校受験を頑張って難しい学校に入学したのに、
それで満足してしまって、あんまり勉強しない人たちがいます。

これは日本全国の名門進学校でみられる光景で、
上位の高校に通う当塾の高校生に
「こういう子って、学校にいるでしょ」と聞くと、
ゆっくりうなずきます。

これは大学でも同じことが言えますし、
就職でも、せっかく大企業に入ったのにそれに満足してしまってあまり働かない人もいると聞きます。

合格者を受け入れる学校・企業の立場で考えみると、
合格をゴールと考える生徒・人材ではなく、
それをきっかけにさらに努力する人材の入学・入社を希望していることは容易に想像できます。

合格を「通過点」と考えている人は、
合格を「ゴール」と考えている人より
その後の勉強においてモチベーションにムラがなく安定しています。

以上のような理由で、
当塾では「合格は勉強の一部ですべてではない」と考えています。