もっと取れると思っていたのに、
テストをしてみると意外と点数が伸びていないことがあります。
80のことしか理解していないのに、
100を理解しているつもりになっていると、こういうことが起こります。

どこまで分かっていて、どこから分かっていないか、
その線引きをはっきりさせ、
分からなかったところはつぶしていく(なくしていく)ために
問題演習とその直しをするわけですが、
これが甘いとテストで思うほど点数が伸びません。
反対に、いつも上位の成績をとる人たちはこれが上手に出来ています。