特に理科や社会など、
暗記科目の教材を調べながら解く人がいます。

しかしながら、調べながら解くのは時間がかかる上、
教科書やテキストの解説をただ写しているだけなので、
頭の中に入ってきません。

当塾では短時間に覚える方法として、
答えをオレンジ色のペンで写し、赤シートで覚えから
(もしくは初めから解答が記入されている教材を使って)、
ノートにテストするように指導しています。

学校の授業は調べることを評価してくれるかもしれませんが、
入試や定期試験は、調べることが許されないため、
いかに覚えているかが勝負なのです。
ところが残念なことに、これに気づいていない中学生は意外といます。

丁寧に時間をかけて調べながら問題を解くやり方は
自己満足度は高いのですが、
勉強時間のわりに得点に結びつかない勉強の方法ですので、注意が必要です。