肩こりがひどい私はときどきマッサージ屋さんに行きますが、
マッサージ屋さんをはじめ、ほとんどのサービス業は
何年にもわたるリピーターで成り立っています。
私も10年近く通っているお店があります。

しかし、学習塾はどこでも
入試が終わってしまうと優良顧客でも一斉に流出してしまうため、
常に新規顧客の獲得に努めなくてはなりません。

広告費・販促費が多くなり内部生用の費用が減ることは、塾生にとって不利益です。

ところが、過度なテレビコマーシャルはもちろん、
折込チラシの回数が多すぎたり、
配布するノベルティーや
入塾の際のおまけが豪華すぎるなど、
新規生獲得のための広告費や販促費が多すぎる場合、
これらの費用は通常、在籍生の月謝からまかなっているので
(入会金から充当する場合もあります)、
講師人件費・教材開発費など実質的な授業料が低くなってしまいます。
これは在籍生にとってはあまり良いことではありません。

当塾でも多少のキャンペーンは行いますが、
在籍生が不利益とならないよう留意しながら運営を行っています。