まもなく前期期末試験があります。

当塾では通常の授業のほか、
定期試験で良い結果を出すために
下記のような仕組みを設けています。

  1. 特別補強
  2. 自習室・質問
  3. 教科書国語解説
  4. オリジナル速習動画-塾長ビデオ
  5. 個別コース・テスト前理社対策

1. 特別補強

7月下旬から9月の前期期末試験まで
90分の特別補強を26回用意しています。

この特別補強は塾長が担当し、内容は生徒本人と相談の上、決定します。

覚えることが遅れ気味な人には、覚えるための時間を用意します。
「あんな問題を解きたい」という人には、そんな問題を用意します。
学校の課題も含めて、分からないところがあれば質問できます。

この補強は当塾の生徒なら誰でも何回でも参加でき、料金はかかりません。
中にはほぼすべての日程に参加している生徒もいます。

2. 自習室・質問

今年度、当塾はゴールデンウィーク・お盆・年末年始(12/31~1/2)を除いて
休みなく開いているので、生徒は週7日自習室を利用できます。
家ではなかなか勉強ができない人・テスト課題が進まない人に向いています。

また、学校の課題でわからないところがあれば質問できます。
数友の問題はよく聞かれます。どの科目でも大丈夫です。
学校の定期試験用の課題のほとんどは、
考えるまでもなく一見しただけで解説できます。

3. 教科書国語解説

定期試験前に英語・数学・理科・社会は対策ができても、
自力だと国語読解はなかなかそれが困難です。
そのため、国語のテスト対策は漢字のみ、になりがちです。
しかし、校内順位・内申を上げるためには、
国語で好成績を修めることは欠かせません。
そこで当塾では、国語の定期試験対策としてウイングネット映像授業を用意しています。
定期試験前の約10日間視聴できます。
国語は演習より解説が中心なので、映像授業は向いています。

授業には教科書内容の約7割が収録されている「必修テキスト」を使用します。
もちろん、学校の教科書に準拠しています。

また、定期試験前になると質問が多くなる国語文法も、中3生でも中1の内容から復習できます。
中学校の国語授業は(担当の先生にもよりますが)あまり教科書の内容をしっかりや習い場合もあります。
しかしウイングネット国語解説は、それをしっかりやります。
古文・和歌など、聞かれることがだいたい決まっている分野では特に力を発揮します。

4. オリジナル速習動画-塾長ビデオ

習った直後には出来ていたのに、
時間が経ってやり方を忘れ、テスト前なのにできなくなってしまうことがあります。
そのようなとき、当塾塾生は、
プリントやテキストを塾長が解説したビデオを無料で視聴することが出来ます。
以前出来るようになった解説を再び聞くことができるので、
すぐにできるようになります。
また、分野によっては難しい問題の解説も収録してあるので、
もっとレベルの高い問題を解けるようにしたいときにも利用できます。

5. 個別コース・テスト前理社対策

ふだん英語や数学しか受講していない個別コース生でも
学校の定期試験で良い順位が取れるように、理社の対策授業を用意しています。
各中学校のテスト範囲に合わせた対策を行います。

※ 1~4は料金がかかりません。